Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

レバリズム-Lと尿酸値の関係を分かりやすく解説|プリン体と食べ物・痛風

おすすめ

レバリズム-Lは、人気の肝臓ケアサプリメント。

 

肝臓はプリン体を分解して尿酸にする働きがありますので、レバリズム-Lは尿酸値に効果がありそうですよね。

 

痛風は尿酸値が高いと起きやすいとされています。

ですので、痛風が気になる方も、レバリズム-Lの効果が気になるのではないでしょうか?

 

そこで、レバリズム-Lと尿酸値の関係を調べてみました

 

尿酸と尿酸値とは|プリン体

尿酸とは、プリン体が肝臓で分解された成分なのだそうです。

プリン体とは、身体のエネルギー源になる物質。

 

プリン体が肝臓で分解されて尿酸になり、その尿酸が腎臓に送られ、そして体外に排出されるそうです。

 

尿酸値が高くなるのを防ぐためには、プリン体がたくさん含まれている食べ物を食べすぎないのが良いといわれています。

 

ですので、尿酸値が気になるときには、プリン体が多く含まれている食品を食べすぎないように気を付ける必要がありますね。

 

プリン体を多く含む食材

  • ビール
  • 魚の干物
  • 干しシイタケ
  • など

 

レバリズム-Lと尿酸値の関係

尿酸はプリン体が分解されてできる成分であること、そして、プリン体は主に食べ物によって体内に摂取されることが分かりましたね。

 

ですので、ビールなどプリン体を多く含む食品を食べると、体内で尿酸が多くつくられるようになります。

 

尿酸が多く作られるようになると、尿酸値が高くなる原因にもなってしまいます。

では、レバリズム-Lを飲むと、尿酸値が高くなるのを防げるのでしょうか?

 

レバリズム-Lを飲むと尿酸値が高くなるのを防げるかについては、良く分からないのが実情といえます。

 

その理由は、レバリズム-Lは尿酸値を下げるお薬ではなく、肝臓の働きをサポートする栄養機能食品だからなのですね。

 

ですので、「尿酸値が気になるときにはビールや干物などプリン体が多く含まれている食品を食べすぎない」ということがまずは基本になります。

レバリズム-Lは肝臓の働きをサポート

先ほどもお話ししましたように、レバリズム-Lは肝臓の働きをサポートするサプリメント。

 

ですので、レバリズム-Lを飲むことによって、弱っている肝臓の働きが良くなる効果が期待できます

 

肝臓は身体のエネルギーを代謝するという大事な働きがあります。

※代謝とは、糖分を脂質したりアミノ酸を分解合成したリする作用のこと。

 

また、肝臓には、アンモニアなどの毒素を分解する働きやプリン体を分解する働きもあります。

 

このように肝臓は、ヒトの健康の源をになっている臓器なのですね。

 

レバリズム-Lは、肝臓を構成しているアミノ酸や身体に必要なビタミン・ミネラルがたくさん配合されているサプリメント。

レバリズム-Lは尿酸値の数値に直接かかわる製品ではありませんが、身体を全体を健康にするところから、尿酸値にも効果が期待できる製品ではないかと思います。

 

ただ、尿酸値はプリン体を多く含む食品を食べすぎないことが基本。

 

ですので、尿酸値(痛風)が気になるときには、プリン体が多く含まれている食品を食べすぎないように意識されてみてはいかがでしょうか?

 

レバリズム-Lがおすすめの方

  • お酒がお好きな方
  • 脂っぽい食べ物がお好きな方
  • たくさん食べる方
  • 身体の疲れが取れない方
  • のんきで肝臓ケアを行いたい方

レバリズム-Lの口コミ|効果・飲むタイミング